蒸しタオルとオイルを使って保湿ケア

数年前から続けている美容ケアがあります。飽きっぽい性格なので、いろいろなスキンケア製品に手を出していますが、この美容ケアだけは続けることができています。

 

簡単な方法というのが、続けられている大きな理由だと思います。

 

用意するものは、蒸しタオルと美容オイルだけです。

 

蒸しタオルは、濡らしたタオルを固く絞ってレンジで温めて作っています。少し熱いなという程度まで加熱して、手のひらでタオルを広げてちょうどいい温度まで下げてから使います。

 

美容オイルは、オリーブオイルを使っています。

 

洗顔後に美容オイルを顔全体に塗って、その上から蒸しタオルを載せていきます。

 

タオルの温度が冷めてきたら、タオルを取って、オイルがついたままの肌の上から化粧水と乳液をつけていきます。最初は、オイルをつけた後の肌に化粧水が浸透するのか不安でしたが、心配は不要でした。グングン肌に浸透していきます。

 

たったこれだけの手順ですが、驚くほど肌がもちもちします。この方法を取り入れてからは、乾燥で悩むことが本当に少なくなりました。

 

乾燥が気になるときは1日置きに、そうでないときも週に1度は必ずしています。簡単な方法で効果はバツグンなので、これからも継続していくつもりです。

 

玄米より食べやすい発芽玄米

ダイエット目的で、玄米を食べるようになりました。

 

玄米は、白米よりも食物繊維が豊富で、栄養価が高いのが特徴です。

 

ですが、美味しさで比較すると、白米の方が断然いいと思ってしまいます。玄米の独特のプチプチした食感が好きという人も多いですが、私はなかなか好きになれません。

 

美容と健康のために食べるという義務感のようなものを感じながら食べ続けていました。

 

そんなとき、発芽玄米というものを知りました。簡単に言えば、発芽玄米というのは、玄米と白米の中間のような存在のお米です。

 

玄米を少しだけ発芽させた状態のお米なのですが、食べてみると、かなり白米寄りだと感じました。

 

プチプチした食感はありますが、玄米ほどではありません。プチプチ感より、白米のもちもち感が若干勝っているのかなと思います。

 

栄養価や食物繊維は玄米ほど優秀ではないようですが、毎日美味しく食べ続けたいと思う私には発芽玄米のほうが合っているような気がします。

 

炊き立てが想像以上に美味しかったので、お弁当にも入れてみました。

 

冷めると、少しパサパサした感じになっていましたが、ほどよい弾力はそのままでした。甘みもあって、美味しく食べられました。

 

炊き立てでも冷めても美味しかったので、玄米から発芽玄米に切り替えて食べていこうと思っています。